カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

エイプリルシャワーズ

エイプリルシャワーズにお越しいただき、ありがとうございます。

小さな小さな店ですが、作家がこだわりを持って作ったものを集めて大切にお届けしております。

商品についてご不明な点、発送や在庫についてのお問合せなどご遠慮なくお問合せください。 お問い合わせは、メールで承っております。 誠に申し訳ございませんが、日中は対応ができないことが多いため、夜になってのご連絡になります。できるだけ早くご連絡をさせていただきますので、どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

ZERO JAPAN ティーポット2人用(アクアミスト)

ZERO JAPAN

色とりどりのラインナップ、見ているだけで元気が出るコーヒーカップやティーポット、キャニスターたち。
外国のウィンドウに並んでいそうな食器たちは、実は岐阜県で作られている美濃焼でした。
洗練されたフォルムとたくさんの職人の手を経て作られた技の相まったZERO JAPANの食器は、世界の街角のカフェ、セレクトショップ、世界最古の百貨店ル・ボン・マルシェなどで幅広く取り扱われいるのだそうです。

ティーポット2人用

一人分のお茶を入れるのにちょうどいい大きさのポットです。紅茶だけでなく、日本茶、ハーブティーなどにもお使いください。

この小さなボディの中にMADE IN JAPANの技がたくさんつまっています。
まず、ステンレスのふた。
今では違和感を感じることもなくなりましたが、ZERO JAPANがステンレスにした時には、問屋さんから美味しさを損なうという根拠のない理由で受け入れてもらえなかったのだそうです。先に世界でその合理性と機能が認められることで日本でも受け入れられるようになったといういきさつがあります。

ではなぜ、ふたをステンレスにしたのかというと、あるお客様から「お茶を注ぐときにふたを押さえないとふたが落ちて割れてしまう」というお話をいただいたことに始まります。
試行錯誤を重ねてクリップで本体とふたをつなぐという発想に行きつき、そのステンレスも日本の有数のステンレス細工の産地、新潟県燕市で丁寧に作られています。

クリップがゆるんできたら、ペンチなどで絞めていただければ良い状態が保てます。

ステンレスつながりで、茶こしもこのティーポットの技の見せどころです。
通常この価格帯での茶こしは、丸くするためにつなぎ目ができ、そこに茶葉がはさまって手入れがしにくいという問題があります。
ZERO JAPANの茶こしは燕市のステンレス職人さんが目の大きさを細かく調整することでつなぎ目を作ることなく丸くしています。ぜひじっくりと茶こしをご覧ください。美しいできあがりにほれぼれしていただけると思います。


Size 140 x 90 x 100h 350

カラー**アクアミスト**

きれいな水色の小ぶりなティーポットは、食卓の上のおしゃれなアイテムになります。

〇釉薬によるやさしい色合いを表現しているため、やきもの特有の自然な色幅があります。手作りゆえの風合いをお楽しみください。
○ 商品紹介のカラーはディスプレイの設定などにより実物と異なる場合があります。参考までに3枚目の画像はメーカー掲載の画象です。