カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

エイプリルシャワーズ

エイプリルシャワーズを訪ねていただきましてありがとうございます。

小さな小さな店ですが、作家がこだわりを持って作ったものを集めて大切にお届けしております。

商品についてご不明な点、発送や在庫についてのお問合せなどご遠慮なくお問合せください。 お問い合わせは、メールで承っております。 誠に申し訳ございませんが、日中は対応ができないことが多いため、夜になってのご連絡になります。できるだけ早くご連絡をさせていただきますので、どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

ウェルシュクロス(エメラルド) アルディン ALDIN

リネンといえば、ヨーロッパの品質やデザインに勝るものは日本ではないだろうと思っていましたが、日本でも昔から麻の着物や小物などを楽しむ風土はありました。

リネンは丈夫で、使い込むほどなじんできます。速乾性もあり日本の気候にはぴったりの素材なのです。布ものを使い捨てにせずにとことん使い切る、そんな風にリネンをもっと生活に取り入れてみませんか?

ウェルシュクロス

ちょっと大きめのディッシュクロスでどんなお皿もキュッキュッと拭ききってしまいましょう。リネン100%なので、吸水性や乾きはお手のものです。
さわやかなエメラルド色に赤のラインのチェックがおしゃれですね。キッチンがぱっと明るくなります。
リネン100%で、最初は糊がかかってパリッとしています。ディッシュクロスにする前にランチョンマットにしたりしてもいいですね。お洗濯のあとはだんだん柔らかくなりますので、存分にお皿を拭いてください。
大きめサイズなのでお弁当箱やサンドイッチを包んだりもできます。リネンやコットンのリボンを縫い付けてエプロンにするのもお勧めです。

サイズ:55×67cm








アルディンは、富士吉田市から生まれたブランドです。山梨県の富士山の麓には古くより「甲斐絹(カイキ)」や「郡内織(グンナイオリ)」として知られた織物の故郷があり、 富士山のある美しい風景や清らかな湧水は洗練された織物を作るのには最適な環境だったのだそうです。

アルディンでは品質が安定して、信頼性の高いヨーロッパ産(フランス、ベルギー)の糸を使用しています。その糸を織るのは昔ながらのシャトル織機。タテ糸とよこ糸からなる織物の場合、1本のよこ糸が何百、何千というタテ糸の間を縫っていき1枚の布に織り上がります。 その時ヨコ糸は布の両端で折り返され、ジグザグに繋がっています。 このヨコ糸が繋がっている布の両端をセルビッチ、日本語では「織物の耳」と言います。職人が真摯に手を動かし、指を使い、目で追いながら織機を動かすことで一枚の布が出来上がるリネンは、現代の生産性を追求するための機械では生み出せない仕上がりになります。